{   "msg": string // フィルタリングできるような固有のメッセージ   "funcName": string // 実行関数   "dateTime": string // ログ出力した時刻 RFC3339 に則る(jsならDateオブジェクトをconsole出力すればよい)   "level": INFO | WARN | ERROR,   "event": object // Lambda関数のeventパラメータをそのまま   "input": object // 必要なやつ }

eventそのまま渡しているのでけっこうすごい量になってしまっているから、そこはちょっと整理してもよかったかもしれない。

ランタイムに依らず必要な情報を不足なく入れるには、これくらいの定義がよいかな、と思った(JavaScriptの関数とPythonの関数が入り混じっている)。

"> {   "msg": string // フィルタリングできるような固有のメッセージ   "funcName": string // 実行関数   "dateTime": string // ログ出力した時刻 RFC3339 に則る(jsならDateオブジェクトをconsole出力すればよい)   "level": INFO | WARN | ERROR,   "event": object // Lambda関数のeventパラメータをそのまま   "input": object // 必要なやつ }

eventそのまま渡しているのでけっこうすごい量になってしまっているから、そこはちょっと整理してもよかったかもしれない。

ランタイムに依らず必要な情報を不足なく入れるには、これくらいの定義がよいかな、と思った(JavaScriptの関数とPythonの関数が入り混じっている)。

">